テーマ:太極拳学解

木人と靠の鍛錬(靠学)

靠が、体当たりであるといっても、太極拳の靠は、こちらから当たって行くようなことはしない。 相手が崩れて、こちらに倒れたときや、相手が体当たりをしてきたときに対応するのである。 中国武術で、体当たりが、重視されていたことは、八極拳や八卦拳にも、体当たりの練習法があることでも分かるし、鄭子では特にこの鍛錬を重視する。 体当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉体と精神(靠学)

靠は、「もたれる」と読むことができる。いうならば、体当たりの技である。 体当たりや、頭突きは、競技試合では、使われることがないが、実戦においては有効で、古武道では、剣術でも、練習されることがある。 実戦において有効な技としては、一撃で相手を制してしまうような技があろうが、もう一つに確実に相手に当たる方が有効である、とする考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至静の動き(提手上式学)

提手上式の右足は、踵だけを地につけている。 これは、太極拳独特の歩形とすることができよう。一般に似た歩形に虚歩がある。虚歩は、多くの中国武術で見られる。空手では、猫足立ちである。 提手上式や手揮琵琶、肘底看捶でも、同様の歩形が見られる。ただ、これらにおいて、その意味するところは、まったく同じではない。 提手上式の歩形は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万物斉同(提手上式学)

提手上式の「合」は、相手を受け入れる、いうならば合気の「合」と同じである。 打手歌に「合えば即ち出る」とあるのは、「合」は当然のことに「合」であり、「出」は「開」である。 太極拳で、開合を練るとは、そのままそれが攻防の合出を練ることになっているのである。 呉家では、手を頭のあたりまで挙げる。これは、すでに「合」ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰陽への還元(提手上式学)

提手上式は、これを鄭曼青は「合」としている。そして、単鞭は「開」とする。 そして、鄭曼青は、太極拳の動きのベースが、開合であるとしている。 よく孫禄堂の太極拳を、開合太極拳などというが、およそ太極拳で開合を含まないものはない。 もともと形意拳の専門家であった孫禄堂が、太極拳を修するに際して、とくに太極拳の開合を強調した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四正と四隅(単鞭学)

単鞭は「採」の動きであるとされる。 「採」であるなら四隅の技法であるから、これは斜めであるべきである。 ちなみに提手上式の次の「靠」は、斜めに踏み出す。 ために双辺では、ラン雀尾のつぎの単鞭は、斜めに行う。しかし、これは第一のラン雀尾から単鞭だけで、それ以後に出てくるラン雀尾から単鞭は、斜めにしな。単鞭を斜めに行うと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空なる心(単鞭学)

掌で打つのは、拳で打つのに比べて弱いように感じられるかもしれないが、顔面や頭部への攻撃は、脳に衝撃を与えることにある。 そのためには、拳よりも、掌が有利なのである。 『陳氏太極拳図説』では、単鞭に離卦をあてている。 離卦は、「陽・陰・陽」である。また、離卦は、心を示すもので、その中心に「陰」があるのは、心が空であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「採」を使う(単鞭学)

単鞭は、ほかの門派にも、かなり普遍的に見られる。 明代の軍事書である『紀効新書』にも、その名を見ることができることからすれば、古くからあった技法なのであろう。 単鞭は、基本的には、片手で相手をとって、もう一方の手を鞭のように使うことで、相手にダメージを与える技法である。 つまり、柔らかく、しならせるように腕を使うのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鞭」という武器(単瓣学)

単鞭とは、「一つの鞭」ということである。 中国では、鞭がおおいに武術に取り入れられたが、日本ではそうした傾向が見られない。 ブルース・リーで、有名になった双節棍は、本来は「棍」とあるように、「棒(棍棒)」に類する武器なのである。 一本の棍を、二つにすることで、「棍」としても、あるいは「鞭」のようにも使うことができると考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(8)第六式「ラン雀尾 按」学

これは、セイで攻撃してくる相手を、提勁で浮かせて、はね飛ばす技である。 「按」は、両手で押す動作と誤解されることが多いが、実際は下に腕を沈める動きが、運勁の中核となる。 陳家に伝わる「打手歌」では、「按」が、「捺」となっている。 これは、下への勁の動きを重視したところから生まれた誤伝であるが、かつては、こうした秘訣の歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(7)第五式「ラン雀尾 セイ」学

『陳氏太極拳図説』では、ラン擦衣を、泰卦とする。 泰卦は、「陽陽陽陰陰陰」で、「天地交わって、万物通じる」の意味を象徴しているとされる。 これは、上が「陰陰陰」で、地あり、下が「陽陽陽」で、天となっている。 実際は、上が天で、下が地であるが、その反対となっていることは、陰陽が相対しているので、安定した「泰」の状態である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(6)第四式「ラン雀尾 リ」学

太極拳では、「リ」の動きに「根力抜起」の秘伝を持つ。これは、相手のバランスを崩してしまう秘法である。 鄭子では、「按勁落空」の用法を伝える。相手が、両手で攻撃してきたときに、さばく技法である。 これらは 太極拳の打手歌には「引進落空」の奥義が記されている。 『陳氏太極拳図解』では、この「引進落空」を、「一日気象」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(5)第三式「ラン雀尾 右ホウ」学

ラン雀尾は、「左ホウ、右ホウ、リ、セイ、按」によって構成されいる。 ラン雀尾は「ホウ、リ、セイ、按」の太極拳の根本技法のすべてを含んでいるので、「総手」と称されることもある。 双辺では、左ホウは「上歩打セイ」に変えられている。これは、呉家の影響によるものであるが、呉家のこの動きは、楊露禅の作った用法架を取り入れている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(4)第二式「ラン雀尾 左ホウ」学

陳家では、ラン雀尾の左ホウや提手を、金剛搗碓に変えている。 金剛搗碓は、陳家の看板技であるから、同じく下から上への勢いのあるところに入れたのであろう。 金剛搗碓の「金剛」とは、インドラ神の持つ武器である「金剛杵(こんごうしょ。バジュラ)のことである。これは、雷を象徴する杵形の武器で、あらゆるものを破壊するという。 金剛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(3)第一式「起勢」学

陳家では「太極象」としており、特別な動作を立ててはいない。 簡易式では太極が、両儀を生むとして、「起手式」であると称する。 「起手式」には「技を始める動作」の意味がある。簡易はこれに6つの動作が含まれるとしている。 「六変」を強調するのである。 王子和の伝える楊家では「収肘、垂手、提腕、提手、伸指、屈瞥、竪掌、伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(2)

「予備式」学 通常、楊家では「予備式」を立てることはないが、簡易式ではこれを重視して、初心者は この式により功を練るべきであると述べている。 即ち、この式は「揮元の姑功」であり、太極の陰陽が未分化な状態を現しているのであるというのである。 この式においては先ず、肩と肘の力を抜き(沈肩垂肘)、胸をリラックスさせ(含胸)て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳学解(1)

凡例 一、楊家太極拳に関しては『太極拳用法図解』(楊澄南)、『太極拳体用全書』(楊澄甫)、『太極拳講義』(挑殻春/美容樵)、『太極拳全書』(曽昭然)を適宜、参照した。 二、王子和の套路に関しては『楊家太極拳』(徐蓮金)を参照した。 三、簡易式に関しては鄭塁青の『鄭子太極拳十三篇』『鄭子太極拳自修新法』を参照した。 四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more