テーマ:book

オカルト文献を読む「法華経」

先日、金沢文庫の「法華経の世界」展に行ってから、法華経の重要性を改めて考えるようになり、岩本裕の『大乗経典(一)法華経』や大角修の『法華経大全』を読んだりしている。 また、改めて岩本裕という仏教学者が、優れた論考を述べていたことを認識することができた。こうした優れた学者の業績が、全集としてまとめられていないということは、大きな損失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田明憲 藤巻一保『東洋秘教書大全』

今月、新たに岡田明憲先生の『東洋秘教書大全』(藤巻氏との共著)が、刊行された。まことに慶賀にたえないことである。 本書は、先に出された『東洋の魔術書』を、大幅に加筆したものである。 いうならば秘教の古典の紹介である。古典とは、長い時間にわたり命脈を保ってきた文献である。 多くの書物が失われていく中で、長く読み継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鄭曼青『太極拳自修新法』邱秀雄(訳)徐憶中(監修)

2012年6月に発行された『太極拳自修新法』は、現代日本で手にすることのできる最も優れた武術書であろう。 太極拳の基本から奥義までが、記されているのは、もちろんであるが、特に10ページから13ページにわたる鄭曼青の自筆の資料は、太極拳を詳しく研究しようとする者には、千金の価値がある。 また、最後には「易経」「老子」「素問」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK CLUB KAI news letter vol.84

南青山にある書店、ブッククラブ回のニューズ・レターにて『「むすび」の武術と植芝盛平』が紹介されている。 ホームページやメールマガジンやメンバーシップ制度もあるので、精神的な世界に興味のある方は、ぜひ一度、訪れてみることを勧めたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「衛生」と「むすび」の武術

ビイング・ネット・プレスの「地球人」16に、わたしの書いた「『衛生』と『むすび』の武術」が掲載されている。 「衛生」とは「生を衛る」ことである。養生であり、サバイバルでもある。今回の論文は、こうしたことの実践と、「むすび」の武術との関係に触れている。 八卦拳の孫錫コンの神仙道の師である趙避塵は「研究先天性命衛生真理金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊紹介「むすび」の武術と植芝盛平

マズダ・ヤスナの会 ニュースとお知らせ にてご紹介を頂きました。 http://mazdayasnajapannews.blog.so-net.ne.jp/ 8月1日発売 amazonなどでも購入できます。 精しくは、ビイング・ネット・プレスのホーム・ページをご覧ください。 http://www22.big.or…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more